Report of 京都のお茶道具 紅善benizen


紅善benizen

茶道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

茶室 兼六園1.jpg茶道(さどう/ちゃどう)とは、湯を沸かし、茶を点(た)て、茶を振る舞う行為。またそれを基本とした様式と芸道。

元来「茶湯」(ちゃとう)「茶の湯」といった。千利休は「数寄道」、小堀遠州は「茶の道」という語も使っていたが、江戸時代初期には茶道と呼ばれた(『茶話指月集』『南方録』など)。海外では『Japanese tea ceremony』(=茶の儀式)として岡倉天心が紹介し、以後その名前で定着する。

主客の一体感を旨とし、茶碗に始まる茶道具や茶室の床の間にかける禅語などの掛け物は個々の美術品である以上に全体を構成する要素として一体となり、茶事として進行するその時間自体が総合芸術とされる。

現在一般に、茶道といえば抹茶を用いる茶道のことだが、江戸期に成立した煎茶を用いる煎茶道も含む

茶事

IMG_0748.JPG紅善benizen茶事とは少人数のあらかじめ招待された客を対象にして亭主が行う密接な茶会であり、ひとつ椀で同じ濃茶を回して飲んでゆく。昼食として懐石を供してから茶をふるまう正午の茶事が最も基本的な形とされるが、趣向によって夏場の涼しい時間に行う『朝の茶事』。秋冬の長い夜をゆっくりと過ごす『夜咄し』などの茶事も行われることもある。趣向によって、屋外を茶室に見立てる野点(のだて)や、テーブル・椅子を用いる立礼(りゅうれい)の茶事も行われる


和みの文化体験
・お茶会・茶事・お菓子作り…、京都の和みを体験

・日本の伝統文化である茶道を楽しんでいただく為に紅善では和める機会を提案してまいります
・グループや団体等、遠慮なくお問い合わせください、京都の思い出作りのお手伝いができれば嬉しく存じます

紅善benizen

ページの先頭へ

素敵な出合い…

相手のことを思いながら…

大切な人を迎える時のワクワク感やドキドキ感… お客様の喜ぶ顔や嬉しそうな顔を想像しながら、相手を驚かしてやろうと色々考えお待ちします。
お客様の『今日は楽しかった…』それを想像すると嬉しくなってきました!!

IMG_1073.JPGIMG_0902.JPGIMG_0896.JPGIMG_0770.JPG106_0647.JPG107_0713.JPG106_0669.JPGIMG_0754.JPG106_0625.JPG

クリックすると拡大します。

ページの先頭へ